なんで五島に来たの?

季節の移ろいは早くて、すっかり秋の涼しさで朝晩は寒くなりましたね。
五島に移転オープンしてもうすぐ4ヶ月です。

平日は少し落ち着いてきました。土曜日はお天気にもよりますが朝一番はまだ混み合っている状況です。
ベーグルの1人あたりの販売個数制限はなくしましたが、9時半に配布する整理券はまだ行っております。

通販も少しずつではありますが、再開しました。
SNSで何日の何時から通販再開しまーす!と発信して、それ以降で在庫が無しになっていたらその時は完売となります。
なかなか思うようにたくさん販売できませんが、ゆっくりとでも続けて行きますので、タイミングが合いましたら、よろしくお願い致します。

今、珍しく懐メロ(90年代POPS)なんかを聞きながらblogを書いていますが、誰しも「若い頃」みたいな時代があったと思います。(現在若い方はこの文は流して大いに楽しんでください笑)
テンチョにもありました。
20代〜37歳まで、好きなことばっかりやってました。
OLの時も日曜日や有給休暇を使ってパン教室に、お菓子教室に通っていたし、スポーツクラブに毎日のように通って、夜遅くまで好きなエアロビクスやマラソンサークルに参加していました。
よくお酒を飲みにも行ってたし、音楽のLIVEやら、海外旅行やら、ワインスクールやら、英会話スクールやら、一体何がしたいんだってくらい動き回っていました。

35歳で千葉でベーグル屋さんをオープンしました。
ワクワクドキドキで緊張もあり楽しくもあり、でもアルバイトさんもいたので売り上げも上げなきゃで、目一杯頑張った結果、忙しさのあまり37歳でメニエール病になりました。めまいと耳鳴りです。左耳の聴力が低下しました。ベーグル屋さんはなんとか続けることができましたが、一時期は大好きだった運動ができなくなり、病気の方や弱者の気持ちが少しわかるようになりました。

日々過ぎて行く中で、年齢は38歳。参ったな〜。女性が子供が産める年齢は限りがある。それにボスはテンチョより2つ年上。
不妊治療なんてしたくはなかったけど、すがる思いで産婦人科へ。
1つ目の先生と相性が悪くて2つ目の病院に移ったり、あれは結構精神的に辛いんですよね、、、
毎月毎月結果が出ない。なんで私だけできないんだろうみたいな。
でもテンチョは結局10ヶ月後にありがたいことに自然に授かりました。

お母さんになり、自分の好きなことばかりは出来なくなりました。色々と制限されました。
それでも自分より大事な子供だから我慢ができるんですよね、それにテンチョはこれまでたーくさん好きなことばかりやってきました。
だから正直若い世代より、あまり欲がありません。
五島は何もないのになんで移住なんてしたの?と聞かれることもあります。
「あり過ぎるところに住んでいてもう十分それは楽しんだから、あまり何もない大自然の環境に住みたくなったから」なのかもしれないな〜なんて最近は思います。都会に出るのはたまにでも大丈夫かもって。
若干ご隠居生活的になりましたがそうじゃありませんよ、まだクンちゃんは4歳なので大きくなるまでベーグル屋さんを頑張って稼がなきゃなりませんから笑。まぁ、子育てとお店の経営とバランスよくですね!
それにテンチョはベーグル屋さんを天職だと思っていて、おばあちゃんになるまでやっていたいんです。大好きな仕事なんです。ベーグル屋さんと家族があればどこでもやっていけるかもとも思っています。

都会では日々めまぐるしく忙しく生活している人も多く、人混みや渋滞でストレスが溜まることも多いかと思いますが、五島は少しゆったりと時間が過ぎている感じはします。
広〜い空を眺めたり、立ち止まって咲いているお花や虫を観察したり、お隣のお家にちょこっとお邪魔してお菓子もらったり、公園で初めて会った子とも気兼ねなく遊べる雰囲気だったり、幼稚園の先生や保護者の方々も穏やかです。

五島に来てまだ1年も経っていないので良いことも悪いこともこれからですが、少しずつ発信して行く中で、五島に興味を持ってもらって、移住者や観光客が少しでも増えたら嬉しいことだなって思います。

子育てとベーグルといえば、
クンちゃん1歳の時、一升餅ならぬ一升ベーグルを作ってそれを背負いました。
もう3年前、懐かしい〜。

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。